おすすめ家庭用脱毛器!お得&マイペースでもツルツル素肌に♡
ヨガを楽しむ

ヨガはコスパの良い趣味!おうちでゆるく楽しむ方法を解説

ヨガを楽しむ
コスパのいい趣味は無いかな?
ヨガをおうちで続けたい!
こんな方へ!

こんにちは、ヨガ大好きWebライターのともみ(@tomomipo_yoga)です。

ヨガスタジオへ行くのもいいですが、なかなか外に出かけられなくてお家でできる趣味ないかな〜と思うこともありますよね。

趣味があると、日常から離れる瞬間ができ頭がスッキリクリアになります。

本記事ではヨガをお家で楽しむヒントをシェアします♪

ヨガはお家でもできるから趣味としてもコスパがいい!

あなたの何かお役に立てば幸いです。

ヨガを楽しむ空間を整えよう!

ヨガをお家で楽しむには空間作りが大切!

 

どこでもできるとはいえ、集中できる空間を整えるだけでヨガ時間の質はぐ〜んとアップしますよ!

ヨガマットにはこだわるべし

ヨガマットにだけは、こだわりましょう!

 

ヨガマットを選ぶポイントは次の3つ。

  • グリップ力
  • 好きな色・デザイン
  • 耐久性のある素材

 

\一生もののヨガマット/
多数のインストラクターも愛用!
Mandukaが1番のオススメです♡

私はグリップ力があって軽い
Mandukaプロライト 5mm
ミッドナイトブルーを愛用しています。
初回の買い物は10%オフになります

グリップ力

グリップ力とは手や足をマットに着いたときに「滑らない」ことです。

しっかりと手足でグリップできれば怪我もしにくいですし、ヨガポーズも取りやすくなります。

 

意外と知られていないのですが、ヨガの「ダウンドッグ」ポーズはマットのグリップ力がとっても大切!

ダウンドッグが苦手…という人も、しっかりしたグリップ力のあるマットを使うことで「ダウンドッグが無理なくできた!」ということも。

 

ダウンドッグは手足で反対方向に体重を乗せるので、滑るマットだと手が前に滑っていってしまいそれをかばうために肩に力が入ります。そうすると、苦しい、痛い原因になります。

好きな色・デザイン

いつも目に入るヨガマットは自分の好きな色やデザインを妥協せずに選びましょう!

ちょっと安いからといって、イマイチなものを選ぶのは逆に損です。

耐久性のある素材

ヨガマットの素材が実は色々あるのは知っていますか?

素材の良し悪しが値段に直結していますので、少し高くてもしっかりとした素材を選びましょう◎

長期的な目線で見れば、しっかりとした素材は長く使えるのでコスパにも優れています。

 

 

オススメは軽くて手入れのしやすいのTPEグリップ性の高い天然ゴムです。

Mandukaのように環境に配慮してつくられたものならPVCもグリップ力とクッション性のバランスが良くオススメ!

 

安いものは表面が劣化してポロポロ取れてきたり、滑るようになったりということもおこりますので気をつけてくださいね。

 

▼素材ごとの水洗い可否

素材水洗い可否
PVC×
PER
EVA
TPE
天然ゴム×
麻・畳×

 

音で空間を浄化

音は空気の振動によって私たちの耳に届きます。

 

ヨガ時間の集中力を高めたいと思ったら、ティンシャやシンギングボウルクリスタルチューナーなどのヒーリング効果のある楽器を手元に置いておくのがオススメ。

 

鳴らすことで、空間がスッキリとするだけでなく自分の心にも合図として響きリラックス・集中力が高まります。

香りで雰囲気を高める

香りは五感の中で唯一、私たちの脳にダイレクトに届く感覚と言われています。

 

お香やアロマで空間ごとリラックスモードや集中モードにすることで、ヨガの時間がもっと特別になります。

 

わたしは友人にもらったマークスウェブのアロマスプレーを愛用しています♡

ラベンダー&ゼラニウムが素敵すぎる香り!至福!

 

気分・時間帯によってヨガメニューを選ぼう!

ヨガと一口に言っても、リラックスできるものからアクティブなものまで本当にたくさんあります!

今はありがたいことに、YouTubeでたくさんの先生が動画をアップしてくれているので、色々なヨガに触れることができます。

 

まだ、どんなスタイルが好きかわからない、せっかくやるならヨガポーズをチェックしてもらいたいという方は「SOELU」や「LEAN BODY」といったオンラインヨガもオススメです。

 

お試し期間が2週間〜1ヶ月あるので、自分に合うか確かめながら格安で楽しめるのが嬉しいポイント♡

気分で選ぶ

リラックスしたい

リラックス目的なら、呼吸とポーズをしっかりと感じながらゆったりと進めていくクラスで副交感神経を優位に導きましょう。

座ったポーズが多く強度が低いクラスが多いので初心者さんにもオススメです。

以下の名前がつくクラスをチェックしてみましょう!

  • ハタヨガ
  • リラックスヨガ
  • ベーシックヨガ
  • ゆるめるヨガ
  • 骨盤矯正ヨガ

運動不足解消したい

運動不足を解消したいなら、ヨガのポーズを流れるように組み合わせてダイナミックに動いたり、強度の高く筋肉を刺激するポーズが入った内容がオススメ。

以下の名前がつくクラスをチェックしてみましょう!

  • フローヨガ
  • ヴィンヤサヨガ
  • パワーヨガ
  • アシュタンガヨガ

 

時間帯で選ぶ

家で自由に使える時間も限られているし、時間帯にあったものを気軽に取り入れたい。

そんな人は時間帯ごとに、以下の点をチェックしてヨガをしてみましょう。

まだ身体が眠っている朝は、少しずつ動いて身体を活動モードに切り替えていきましょう。

ぜひ、白湯を1杯飲んで身体を中から温めた後に取り組んでみてください。

10分からできる朝ヨガ習慣

  1. 朝の瞑想(3分程度でもOK!)
  2. 腹式呼吸
  3. ストレッチ
  4. 太陽礼拝

お昼にリフレッシュも兼ねてヨガをしてみると、午後も活動的に頑張れそうです!

たくさん呼吸を取り入れて脳や身体の隅々に酸素を届けてあげましょう。

ポーズとポーズを流れるように繋げて行う、フローヨガがオススメ。

例えばこんなポーズを入れてみましょう!

  • キャットアンドカウ
  • 猫の伸びのポーズ
  • ダウンドッグ
  • 英雄のポーズⅠ
  • チャイルドポーズ
  • 橋のポーズ
  • シャバーサナ

ベーシックなポーズばかりですが味わうように順番に行うことで全身動かせますよ!

夜は質の良い睡眠に向けて身体を少しずつおやすみモードに近づけていきましょう。

そんな時間にヨガはぴったり!

座ったポーズで頑張った身体をほぐしてあげましょう。

骨盤矯正ポーズや陰ヨガも夜にオススメ◎

▼寝る前ならYouTubeでB-LIFEさんのチャンネルがお気に入りです。

もっとヨガを深めよう!

ヨガの魅力にすっかり取り憑かれたら、次のステップとしてヨガについて色々な方向から学んでみませんか?

 

ヨガを深めていく方法は人それぞれたくさんあります!

  • ヨガ哲学を学ぶ
  • アーユルヴェーダについて知見を深める
  • もっと身体を使えるようになるために解剖学を勉強する
  • 心の動きを知るために心理学を学ぶ
  • 色々な人とヨガを通して交流する
  • ヨガを教えるためにティーチャーズトレーニングに参加する
  • 国際ライセンスを取る

いくつか取り上げてご紹介します!

ワークショップやリトリートに参加する

 

いろんな人と一緒にヨガをして交流しながら学びを深めたい!

そんな方にはワークショップやリトリートへのご参加がオススメです。

ワークショップとは?

ワークショップとは、テーマなどを定めてヨガについて学び・実践する取り組みでヨガスタジオやヨガイベントとしてインストラクターが開催しています。

近くのヨガスタジオや好きなインストラクターをフォローして情報収集してみましょう。

リトリートとは?

リトリートとは、日常を離れてセルフケアなどの目的のもと合宿形式で組まれたプログラムのことです。

日程にゆとりがあればとってもリフレッシュできるのでオススメですよ!

講座や資格取得に挑戦する

 

ヨガの良さをもっと広めたい!

ヨガをもっと学びたいと思ったらヨガスタジオの開催するティーチャートレーニングやヨガスクールでの資格取得に挑戦するのも良いでしょう。

 

ヨガを指導する方法や解剖学など多角的な視点から体系的にヨガを学ぶことができるので、インストラクターにならなくても大きな学びとなります。

 

費用がやや高額ですが、ヨガが大好きで向上心溢れる仲間や頼れる先生との繋がりもできますよ!

 

わたしはRYT200のライセンスを取得しました!

ライセンス合宿に参加して本当によかったです。

 

今はコロナの感染拡大防止の動きからRYT200のライセンスをオンラインで取れるスクールもありますので要チェック!
オンラインでRYT200取得!超効率的にヨガインストラクターを目指す方法

ヨガ哲学や解剖学を学ぶ

ヨガの背景には5000年以上も前から続く哲学があるのをご存知ですか?

今わたしたちが実践するポーズや呼吸をとるヨガは実は広い意味でのヨガの一部に過ぎません。

また、ポーズひとつをとってもたくさんの関節や筋肉が関わっています。

 

そう思うと学ぶべきことは、とてもたくさんあります。

ヨガ哲学とは?どうやって学ぶ?

ヨガとは生きる道しるべのようなもので、さまざまな教えや哲学が背景にあります。

ヨガ哲学を学ぶ方法としてバカバットギーターヨーガ・スートラといった古典に触れてみましょう。

初めは理解が難しいですが、繰り返し読むことでその時々の学びがあるはずですよ。

オススメの書籍
オススメの映画

ヨガの起源について探るドキュメンタリーも面白かったのでオススメです!
現代のヨガがどうやってなりたったのか知ることができます。

解剖学を学ぶ

解剖学は難しいですが、筋肉や関節など身体の仕組みを知ることでいつもしているヨガのポーズも意識的に行えるようになります。

 

意識を向けるだけでポーズが深まったり、筋肉をしっかり使うことができたりするので学ぶ価値ありです!

オススメの書籍

学び方としては、書籍を読みながら自分の身体を動かしてみるのがオススメ!

そのほか、身近に筋トレや整体に詳しい人がいれば、聞いてみるときっと熱弁してくれますよ。笑

まとめ

いかがでしたか?

お家で楽しめる趣味としてヨガは最高だと感じています。

 

年齢・性別問わず多くの人がヨガを生活に取り入れています。

 

 

身体が硬いから…ヨガはできないと思う。

というお声を聞くこともありますが、そんなことはなく誰でもヨガを楽しむことができます。

 

ヨガのポーズは身体が柔らかくなくても、自分が心地よく呼吸ができる範囲で深められれば十分です。

 

ポーズだけではなく、自分の中に広がるリラックスした感覚、深い呼吸をぜひお家でも楽しんでみてください!

 

この記事が何かのヒントになれば幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました