おすすめ家庭用脱毛器!お得&マイペースでもツルツル素肌に♡
ヨガポーズ

ダウンドッグで手が滑る意外な原因!具体的な対策つきで解説

ヨガポーズ

こんにちは、ヨガ大好きWebライターのともみ(@tomomipo_yoga)です。

ダウンドッグが苦しい!

手が滑ってつらい!!!

 

今回のテーマは「ダウンドッグで手が滑る原因」です。

結論から言うと次の2つの問題が掛け合わさっているケースが多いです。

  • マットが滑る素材だから
  • 身体の使い方をマスターできていないから

 

この記事でわかること

  • ダウンドッグで手が滑る原因
  • 手が滑らないマットの選び方
  • 手が滑らない身体の使い方
  • 今日からできる対策

 

今日で辛いダウンドッグは終わりにしましょう!!

ダウンドッグで手が滑る原因

冒頭でもお伝えした通り、結論から言うとダウンドッグで手が滑るのは2つの問題が掛け合わさっているケースが多いです。

  • マットが滑る素材だから
  • 身体の使い方をマスターできていないから

 

そのほか、ホットヨガであれば手が汗で湿っていると言うこともあります。

マットが滑る素材だから

ヨガを始めたばかりの方であれば、普段使っているヨガマットを一度よく観察してみましょう。

特に、以下のようなマットを使っている場合は要注意です!

マットが原因で手が滑る可能性が高いです。

  • プニプニしてクッション性があるマット
  • 3,000円以下の安価なマット

 

実はヨガマットの素材には種類がたくさんあります。

安価なマットの中にはダウンドッグの手を前に押し出す力でそのまま手が前に滑っていったり、沈み込んでバランスを取りづらくなったりするものがあります。

 

安いマットは手が滑るだけでなく、表面が劣化してポロポロ取れてくるということもおこりますので気をつけてくださいね。

身体の使い方をマスターできていないから

ダウンドッグはほとんどのヨガクラスで登場するポーズですが、苦手な人がとっても多いポーズです。

 

  • 手の方向に体重を乗せすぎる
  • 手のひらが上手く使えていない
  • 手首や肘、肩の方向が誤っている

と思わぬ方向に力が働き手が滑りやすくなります。

 

ヨガを始めたばかりの頃は、身体の使い方、体重の乗せ方の感覚を掴むまで、繰り返し練習が必要です。

また、ちょっとしたコツも必要なので、それを自分で体験するまでは「苦しい!辛い!」と言う方も多いんです。

手が滑らないマットの選び方

▼ヨガマットの素材

  • PVC
  • PER
  • EVA
  • TPE
  • 天然ゴム
  • 麻・畳

 

オススメは軽くて手入れのしやすいのTPEグリップ性の高い天然ゴムです。

PVCでも、Mandukaなど有名ブランドの人気商品はグリップ力とクッション性のバランスが良くオススメ!

 

オススメのヨガマット

\一生もののヨガマット/
多数のインストラクターも愛用!
Mandukaが1番のオススメです♡

私はグリップ力があって軽い
Mandukaプロライト 5mm
ミッドナイトブルーを愛用しています。
初回の買い物は10%オフになります

TPE素材

軽くて手入れのしやすいのTPE素材は、使い勝手の良さと手にしやすいミドルレンジの値段が嬉しいバランスの取れた素材です。

suria 人気のヨガブランド

900gという驚きの軽さとおしゃれなくすみカラー♡

▼厚さ6mm

▼厚さ4mm

ヨガスタジオでレンタルして使ったことがありますが、表面がしっとりサラサラで使い心地がよかったです◎

eka LA発のおしゃれヨガブランド

ビビット系の色味が好きな人はチェックしてみてください〜♪

 

天然ゴム素材

天然ゴム素材のマットは、手がキュッとマットに吸い付き滑りにくい特徴があります。

素材の性質上、薄めのマットが多いのでクッション性がなく膝をついたりして痛いと感じる場合もあります。

膝を置くところにタオルをクッションに敷けば大丈夫です。

使い始めは、素材独特のゴムの匂いがします。

Manduka ヨギーニに愛用者多数!

私の持っている天然ゴムのマットはこちら!

RYT200の合宿でも持っている方、数名いらっしゃいました。

Manduka eKO エコシリーズ ヨガマット

 

この投稿をInstagramで見る

 

tomomiぽ(@tomomipo_yoga)がシェアした投稿

薄くて軽いので、ピクニックやパークヨガに持っていっています。

 

天然ゴムは土に還るエコロジーな素材でもあります!

JADEYOGA 熟練ヨギーに愛されるナチュラル志向ブランド

ヨガを長年やっているティーチャーの方が使っているのをよく見かけます!

とにかく滑らない伝説のヨガマット…!パワーヨガやアシュタンガヨガ、ヴィンヤサヨガをする人はぜひチェックしてみましょう。

手が滑らない身体の使い方

ダウンドッグのポーズは、両手で前に押し出す力と両足を下に下ろそうとする力の2つの方向に体重をかけます。

「両手と両脚でマットを切り裂くように」とインストラクターが表現することもあります。

 

上半身の使い方のポイント

上半身の使い方は「手首からお尻までを一直線にすること」が1番のポイントです。

よくあるエラーとして頭や肩が前に出てしまい、横から見て台形になってしまうことです。

こうなると肩や手首に負担がかかりとても苦しいです。

頭や肩を沈めることを意識して、補佐してくれる人がいれば肩甲骨の間を上から押してもらいましょう。

  • 手のひらは大きなパー
  • 手首はストレッチをして柔らかくしておく
  • 肘のシワは内側同士を向き合わせる ※過進展の猿手にならないようにする!
  • 頭と肩は手首・お尻の一直線上に沈める

下半身の使い方のポイント

上半身が一直線になったら下半身にも意識を向けましょう。

上半身でマットを前に押し出す力と拮抗するように、お尻から太ももの後ろを通ってかかとへと力を送るイメージです。

ダウンドッグのポーズは横から見て三角形が理想ですが、実は膝が曲がっている・かかとが上がっているのも全然OKです。

まずは曲げるくらいの気持ちで大丈夫です。

足の長さや筋肉・関節の硬さは人によって違います。

かかとをつく・膝を伸ばすことよりも「脚の背面の筋肉が心地よく伸びているか?」に目を向けましょう。

無理に下さなくても慣れてくると自然にかかとが地面につき、膝も心地よく伸びますのでその時を待ちましょう。

  • 上半身が一直線上になることを優先する
  • かかとはつかなくて良いが地面に近づけようとする
  • 膝を伸ばすことは後回しにする(最後のステップです!)

まとめ

いかがでしたか?

ダウンドッグで手が滑る原因は次の2つの問題が掛け合わさっているケースが多いです。

  • マットが滑る素材だから
  • 身体の使い方をマスターできていないから

 

ぜひ今日から見直してみて、心地よいダウンドッグを味わってくださいね♡

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました